ファッション Fashion
 神戸のイメージといえば''お洒落''であることです。その所以は景観、街並み、文化、風土など、様々な要素から構築されています。港町として栄えたがゆえ、多様性を受け入れ、新しいものをどんどん生活に反映させてきた市民性がそれらの要素の根底にあります。その中で、生活と最も密着したパーツとして存在している衣服はそのイメージ構築に大きく還元されています。 神戸には、世界的デザイナーの手がける大型専門店から小さなブティックに到るまで多くのショップが点在しており、栄町に位置する乙仲通りには多くの古着屋が軒を連ねています。そんな服を手がけるデザイナーからバイヤーまで、そこに存在するKOBELYSTの方々の独特な世界観に迫りました。
ファッション Fashion
 神戸のイメージといえば''お洒落''であることです。その所以は景観、街並み、文化、風土など、様々な要素から構築されています。港町として栄えたがゆえ、多様性を受け入れ、新しいものをどんどん生活に反映させてきた市民性がそれらの要素の根底にあります。その中で、生活と最も密着したパーツとして存在している衣服はそのイメージ構築に大きく還元されています。 神戸には、世界的デザイナーの手がける大型専門店から小さなブティックに到るまで多くのショップが点在しており、栄町に位置する乙仲通りには多くの古着屋が軒を連ねています。そんな服を手がけるデザイナーからバイヤーまで、そこに存在するKOBELYSTの方々の独特な世界観に迫りました。
ファッション Fashion
 神戸のイメージといえば''お洒落''であることです。その所以は景観、街並み、文化、風土など、様々な要素から構築されています。港町として栄えたがゆえ、多様性を受け入れ、新しいものをどんどん生活に反映させてきた市民性がそれらの要素の根底にあります。その中で、生活と最も密着したパーツとして存在している衣服はそのイメージ構築に大きく還元されています。 神戸には、世界的デザイナーの手がける大型専門店から小さなブティックに到るまで多くのショップが点在しており、栄町に位置する乙仲通りには多くの古着屋が軒を連ねています。そんな服を手がけるデザイナーからバイヤーまで、そこに存在するKOBELYSTの方々の独特な世界観に迫りました。